2011年2月アーカイブ

ミッション139号

139Contents
◆「もっと知りたい MDGs」MDGsって何・・・・・・・・・・・・事務局
MDGs 第1弾「目標1 極度の貧困と飢餓の撲滅・・・・浅野 美幸
◆ティモールからの手紙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡邉 怜子
◆「もっと知りたいMDGs」掲載スケジュールのお知らせ・・・事務局

「もっと知りたいMDGs」Vol.1

目標1:極度の貧困と飢餓の撲滅
カンボジア・ステンミエンチャイ「屋台貸出しプロジェクト」


 皆さんMDGsってご存知でしょうか。
 MDGsは、ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals)の略称です。「2015年までに世界の貧困を半減すること」など開発途上国の貧困問題の解決のために、国連や各国政府などの諸機関が共通の目標として掲げたものです。JLMMは、(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)が呼びかけている、ミレニアム開発目標(MDGs)の普及・啓発を目的としたキャンペーン『世界の「貧しい」を半分に。MDGs2015』に賛同し、キャンペーン参加団体として活動を行っています。その目標1として、極度の貧困と飢餓の撲滅があります。貧困の撲滅とまではいきませんが、今回はJLMMが行っている細やかな取り組み、「屋台貸出プロジェクト」について、分かち合ってみたいと思います。


<ステンミエンチャイ地区>
 カンボジアの首都プノンペンは急速に発展しています。政治が安定してきたため外国企業が進出し、高級住宅街や商業施設、ホテルなど高層ビルが建設されています。車の量も急増し至る所で渋滞を起こしています。レクサスやハイラックスなど高級車も頻繁にみかけます。お洒落なカフェやレストランも増えていますが、利用しているのは外国人やお金持ちのカンボジア人だけで、一般のカンボジア人には遠い世界の出来事のように通り過ぎていきます。急発展しているプノンペンですが、発展の恩恵は権力者と外国人に集中し、国民は置き去りの状態で、地方から仕事を求めてきた貧困層の人たちが急増しています。

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12