ベトナム人先生の描く○○

お国が変われば文化も習慣も変わります。
物事を捉える目、価値観も違えば、『美』の評価だって違うはずです。
そんなことを最近体験しました。

コンポンルアン水上村に浮かぶ私たちの識字教室「マリアーノ学校」には、
レカナというベトナム人の先生がいます。2児の母ですが、まだまだ若い21歳です。


そのレカナ先生が先日図工の時間に、
「生徒達に私の描いた絵をお手本にして、誰が一番うまくかけるのか、点数をつけて競わせる」
と言い出しました。私はそれをそばで見ていました。
先生がお手本を描き始めました。
何を描いているのだろうと思いました。
先生があるものを描き終わりました。
でも、私はまだ何を描いたのかが本当に分かりませんでした。
「まさか、ぬらりひょん?!いや、そんなはずはない。あれは日本の妖怪のはずだが...」

「いや、待てよ。外国から輸入されて来た妖怪という可能性もある」と自問自答していましたが、
その時レカナ先生の言葉が耳に入りました。
「さあ、先生のようにネコを描いて!」と。

ああ、これはネコなんだ、と思いました。
言われて分かったというわけではありません。
ただ先生がそう自信を持ってその絵をネコと宣言したから、それはネコになった。
そんな感じです。
こんな天真爛漫なネコに出会ったのは初めてです。
そのショックでしばらく立ち尽くしていると、
絵を描き終えた一人の生徒が、絵を見せてくれました。
その生徒の絵は、忠実に先生のネコを真似ていました。
その意味で、この子は本当に絵が上手です。
ただ、お手本がアレなので、この子の絵も、やはり私には...。

こんな絵に出合えることは生涯で一度くらいだろうと、
記念に(いや、記録に)「写真をとらせて」と先生に頼むと、「恥ずかしいから」と答えました。
「ほう、この絵がちょっとアレな絵だと自覚しているのか」と思ったら、
「いろんな人に見せるんでしょう?恥ずかしいわ」と、ちょっといろんな人に見てもらいたそうな発言です。
自信があるのでしょう。嫌とはいいながら、たくさんとらせてくれました。
彼女の願いに応え、ホットニュースにした次第です。ちゃんちゃん。

先生の描いた猫

(先生のネコ)
先生の描いたネコ。すごいでしょう?

生徒の描いた猫(生徒の描いたネコ)
生徒の描いた猫。お手本よりもちょっぴり可愛いせいか、10点中9点。惜しい!

このブログ記事について

このページは、jlmmが2009年11月11日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サエン プノー」です。

次のブログ記事は「怪魚現る!パート2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.12