サエンクバールタック

久しぶりのホットニュースです!

日本で8月15日は終戦記念日。お盆の季節でもあるわけですが、この日、コンポンルアン水上村でも特別な行事がありました。
それは、「サエンクバールタック」と呼ばれるお祭りです。
サエンは「お供えする」、クバールは「頭」、タックは「水」という意味です。
雨季に入り、河川、湖の水かさが増し始めるこの時期に行われるので、このような名前がついたようです。

このお祭りは、カンボジアのお祭りではなく、中国やベトナム仏教の風習です。
私たちで言う「お盆」にあたり、亡くなった先祖を思い起こす行事です。
コンポンルアン水上村は、カンボジア人よりもベトナム人が多いので、檀家さんたちが集まって、お寺では盛大なお祭りが行われていました。
お祭り大好きの私は早速お寺に駆けつけました。

前日の14日夜からこのお祭りは始まります。
夜7時ごろお寺に行ってみると、お寺の中にはたくさんの人。
そして、お寺の横に設置された特設ステージ(大きな舟)には、それを上回る人の群れ。200人ぐらいいました。
お寺の中で、尼さんが神妙な顔で、長~いお経を読んでいる間、特設ステージでは子どもたちがはしゃぎまわり、若者たちが大声でおしゃべりをしています。
その周りには、たくさんの物売りたちの舟。
子どもにお菓子を売ったり、若者向けにコーヒーや食べ物を売っているのです。
水上村の露店は、舟なのです。
雰囲気を堪能して、夜9時ごろに私は帰りましたが、子ども達は深夜まで遊んでいるようでした。

次の日のお昼も、再びお寺に遊びに行きました。
そこでは、精進料理(お肉が入っていない料理)が青年達に振舞われ、みなでご飯を食べていました。
子ども達にはおいしいぜんざいをあげていました。
みんなが集まり、楽しく過ごすお盆の雰囲気に、私の参加できて大満足でした。

子ども達と一緒に、夜の寺へ

子ども達と一緒に、夜のお寺へ

夜が更けるほどお寺に遊びに来る人の数は増えます

夜が更けるほどお寺に遊びに来る人の数は増えます




儀式を行っている様子
儀式を行っている様子


訪れた人皆に振舞われる精進料理。生春巻きが美味
訪れた人みんなに振舞われる精進料理。生春巻きが美味


子ども達に振舞われる甘いぜんざい。これも美味
子ども達に振舞われる甘いぜんざい。これも美味


ぜんざいをもらって大喜びの子ども達
ぜんざいをもらって大喜びの子ども達

このブログ記事について

このページは、jlmmが2008年9月 5日 16:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生まれ変わり」です。

次のブログ記事は「「クルークマエ参上!」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.12