JLMM GOSPEL CHOIR CHARITY CONCERT うたう、つながる。

| トラックバック(0)

JLMM では2007年2月、創立25周年を記念した式典にあわせゴスペルクワイアを立ち上げ、支援者やイベント参加者など多くのメンバーとともにゴスペルを歌いました。
その後、歌を通して地域に根差し、誰もが気軽に参加でき、人びとと広くつながる「コミュニティ(共同体)」として2009年4月に再結成し練習を重ねています。

再結成から5周年の2014年、六本木でうたいました。
そして今年再び六本木でうたいます!

20180630_gospel.jpgクリックでフライヤーのPDFが開きます。

日時:2018年6月30日(土) 開場 13:30 開演 14:00

会場:フランシスカンチャペルセンター聖堂(東京都港区六本木4-2-37)
出演:JLMM Gospel Choir / JLMM(活動報告)
 佐藤五魚(key) / 松本直樹(ds) / 高倉利昭 KOB from OPEN THE SESAMi

入場無料
当日、会場に募金箱を設けます。皆様からの募金は、JLMM の活動のために大切に使わせて頂きます。
※会場へのお越しの際は公共交通機関をご利用ください。


地域のためにがんばるお母さんたちを応援!
 JLMMが活動するカンボジア・プノンペン市郊外ステンミエンチャイ地区には、ゴミ集積場で現金化が可能な有価物を収集し、生計を立てている人たちが多く住んでいます。その大半が一日5ドル未満で生活する世帯です。住居は旧ゴミ集積場の付近にあり、衛生的に劣悪な環境のため、慢性的に罹患率が高く、現金収入が十分に得られないことから、子どもの低体重、教育を受けられないなど様々な問題を抱えています。
 そんな中JLMMでは、1998年より未就学児へのプレスクール「プテア・コマ(子どもの家)」を開設し、教育の場を提供しています。労働力としてみなされることの多い子どもたちは、学校に通うことも難しく、このプレスクールが最初で最後の学びの場となるケースも少なくありません。

 そんな状況を受け、有価物収拾に代わる収入創出の手段として、ロッティ(クレープ菓子)やアイスクリームなどの屋台貸出プロジェクトを実施してきました。安定した収入を得ることで、学校に通う子どもも増えました。

 2012年からは、家族の健康を守る「母親が変われば家庭が変わる」というコンセプトから、「総合的なおかん力向上」プロジェクトを開始し、母親への栄養改善セミナーや衛生教育、住環境セミナーなどを実施してきました。今では、セミナーを受けた母親の中から、18名の保健ボランティア(CHW-Community Health Worker)が誕生し、近隣世帯への栄養改善セミナーの実施や健康に関するアドバイスなどを行っています。

 地域で購入可能な食材を使って、栄養価が高くバランスの良い食事を作ることにより、家族が健康になる。それによって、毎日元気に働きに行けるようになり、治療費や薬代などもセーブできる。また子どもの教育にもつなぐことができるということを、生活を通して実感し、この活動は広がりを見せています。

 地域のお母さん達が、地域の人々の健康のために活躍しています。今回のチャリティコンサートでは、そのお母さん達を応援します!


JLMM GOSPEL CHOIR

JLMMゴスペルクワイアは2010年2月にカトリック目黒教会、2011年2月及び2012年2月にカトリック築地教会においてコンサートを開催。
2013年は夏と冬に東日本大震災被災地でのミニコンサートを行い、2014年10月にはカリタスジャパン主催の反貧困キャンペーン アクションデーにおいて、カリタスパナマ制作のFood for Allキャンペーンソングの日本語詞の演奏に参加。
歌うことを通じて、ゴスペル(福音)を伝えていく喜びを感じ、日々活動しています。
練習は月2回(不定期 木曜日 他) 18:45~20:15 1 回300 円(学生100 円)
お問い合わせ: JLMM事務局



会場地図

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jlmm.net/mt/mt-tb.cgi/197

このブログ記事について

このページは、jlmmが2018年6月 6日 14:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「★井手司 カンボジア活動報告会 2018 ★」です。

次のブログ記事は「毎日のミサブックカバー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12