2014年9月アーカイブ

カリタス反貧困キャンペーン アクションデーにJLMMも出展します!

カリタス反貧困キャンペーン アクションデー
日 時:2014年10月13日(月・休) 10:30-17:15
場 所:東京カテドラル・ケルンホール
     東京都文京区関口3-16-15

カンボジア、モンゴル、東ティモールの製品を販売します。

入場無料!

また、JLMMゴスペルも歌います!!
10:30 カリタスひろばにて!!

みなさんのご来場を心よりお待ちしています。


20141013.jpg

 

カンボジア・ステンミエンチャイ地区に派遣されている浅野美幸のカンボジア活動報告会を次のとおり開催いたします。

日時:2014年10月5日(日) 午前11時00分~ (10時のミサ後)

会場:カトリック菊名教会
    神奈川県横浜市港北区篠原北2-15-17

どなたでもご参加いただけます。
入場無料

浅野美幸

東ティモールで活動を始めてから、自分の価値観の1つ1つが、壊されていくというか、削られていったように感じます。

ガッツンガッツンと、音を立てるように崩されていく感じです。
そして、ゼロになる。

だけど、芯にあるものは、崩れない。崩さない。崩させない。
それからは、現地の人々と共に、新しい自分が形成されていきます。

今、この文章を書いている際、共に活動しているスタッフたちに尋ねてみました。
「ティモールに来て、私の何が変わったかなぁ?」
「う~ん...。皮膚。」
こんな対応に爆笑できる自分。変わったなぁ...と思います。

2010年度東ティモール派遣 深堀夢衣

RIMG1014.JPG














JLMMでは派遣候補者を募集しています。
くわしくはこちら

カンボジア・ステンミエンチャイ地区に派遣されている浅野美幸のカンボジア活動報告会を次のとおり開催いたします。
ゴミのリサイクルで生計を立てている家族、そしてその子ども達に寄り添い活動を続ける信徒宣教者の活動、現地の様子をお伝えします。

日時:2014年9月23日(火・秋分の日) 午後2時~
会場:フランスコ会聖ヨゼフ修道院
    東京都港区六本木4-2-39 会場地図

※JLMM2015年度派遣者募集説明会を午後3時から同会場にて行います。

どなたでもご参加いただけます。
入場無料


浅野美幸














JLMMでは2015年度派遣候補者を募集しています。くわしくはこちら


報告会会場地図


派遣中、自分の「共に生きる」生き方に、迷う事がありました。
ティモール人との付き合い方が、間違っているのかもしれない。でも自分はこうしか生きられない...。と悩んでいた時。
新年にいつもお邪魔するお家のお父さんが、新しい年を迎える際、私のために、共に祈ってくれたのです。

「パヤ(私のティモールでの名前)。どんなことがあっても、パヤはもう私たちの家族だよ。だから、日本からパヤを送り出してくれたパヤの家族のことを想うと、私は祈らずにはいられない。
パヤとパヤの家族が、平和に、健康で、楽しい年になるように、私も心を込めて祈ったからね。
何かあったら、いつでもおいで。ここはもうパヤの家だからね。いいかい?......こんなに私たちの文化に溶け込む日本人は、パヤくらいかもしれないなぁ!」と。

派遣されている場所で、自分を「家族」と言ってくれる人がいる事。
ティモールで、「家族」と呼べる人たちがいる事。自分のために、祈ってくれる人がいる事。
心を開いて話せる、自分にとって大事な存在の人が、ここにはたくさんいます。
感動する1つ1つの人との関わりが、共に生きる糧になります。

2010年度東ティモール派遣 深堀夢衣


payamam.jpg









JLMMでは派遣候補者を募集しています。
くわしくはこちら

「ともに生きる」この言葉をたまたまカトリック新聞の広告欄に見つけたのは、27歳のときでした。
中学生のときから途上国で働きたいという夢をもちながら、看護師になり無我夢中で働く中で、すっかりその夢のことなど忘れていたときに、ふと何かを思い出すようにその言葉が目の前にありました。
やはり20歳のころ、自分の人生を決める言葉として心に繰り返し刻まれたのが「ともに生きる」という言葉だったのです。
あれ、これは何だろう。何か自分の心の奥深くから突き動かされるものがある、そのことを強く感じました。

風に背中を押されるようにしてそれから3年後、JLMMの信徒宣教者としてカンボジアの大地に送られました。
それからの3年半。瞬く間に過ぎ去るときの中で、いつもこの「ともに生きる」という言葉が私を導いてくれました。

病を負い、弱く、貧しくされた人々の間にでかけていくようにと促し続けてくれたのもこの言葉です。
進学を望みながら家庭の事情で出稼ぎに出かけなければならない青年、夫と離別し小さな子どもを育てながら病に倒れ絶望の中にいる母親、子どもたちが出稼ぎに行きたくさんの孫たちを崩れかけたような家で面倒をみる老夫婦。
出会い、話を聴き、時間を共有する中で、言葉に言い表せないつながりが育まれてきたことを今振り返ります。

まさにそれは友のように。「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣く」。
私にとってこの言葉は命の言葉。生きる力の源ではないかと感じています。

2010年カンボジア派遣 石田咲子

sakiko













JLMMでは派遣候補者を募集しています。
くわしくはこちら

「本当に求められる援助って外国人の自分にわかるのかな? 私に何が出来るのかな?」

大学生の時から海外にボランティアに行きたいと思っていた私は、国内の様々なボランティア団体を訪問しながらも、疑問を持っていました。
そんな時JLMMのOGの方にお会いし、「あなたも幸せになるために派遣されるのよ」と言われました。
「なるほど!」まさに目からウロコです。そう、「人の為にではなく、自分は海外でボランティア活動が出来れば嬉しいのだから・・・それが大切だよね。」と気づき、JLMMのメンバーになりたいと思うようになりました。

その4年後フィリピンとネパールに派遣されました。
派遣先では電気や水道のない無医村を訪問し、健康セミナーを行うなど、村人達の手で健康を維持するプログラムに携わりました。
TIME IS MONEYの日本の生活とは全く違い、時間を人と関わるためだけに使う日々でした。
言葉もわからず村人達に助けて貰わなくては生きていけない弱い自分になったとき、必ず誰かが私の手をつないで支えてくれました。

シンプルな生活の中で「ああ、幸せだな」と感じる瞬間がたくさんありました。命の価値観も大きく変わりました。
帰国してからずいぶんと時間が経った今も「ああ、幸せだな」という感覚が心の片隅で継続しています。
出会わせて貰った人たちから習ったことを、ここ日本で大切に生きていきたいと思います。

1996年フィリピン・ネパール派遣 ヨネ

コンポンルアン水上村の夕陽











JLMMでは派遣候補者を募集しています。
くわしくはこちら

私がJLMMに応募した動機は、「知りたい」という思いからです。

私は日本で大学卒業後7年半、地元の建設会社で働いていました。
そして仕事を続けながら思っていた事があります。それは、このまま定年まで日本で働くことも大切ですが、世界にはもっと面白いことがたくさんあるのではないかという事です。
人生は一度きりですし、色んな世界を見てみたいと思う気持ちが強くなってきました。
そして実際に南米やアフリカで活動している友人たちの話を聞くうちに日本では経験できない歓びや悲しみがたくさんあることを知り、海外に行くことを決心しました。

しかし会社を辞める時は、とても迷いました。
安定した仕事を辞めて、海外に行き今後の生活は大丈夫かと心配もしました。
また私の周りでは、会社を辞めて海外に行くことに反対する人が多く、自分のやろうとしていることは正しい事なのかと迷うこともありました。
しかし後悔はしていません。それは私がカンボジアへの派遣が決まった時に、私の叔父さんが言ってくれた言葉がとても嬉しかったからです。

その言葉は「周りに反対されても自分の信念を貫き通したことは素晴らしい」と言われたことです。
私のカンボジアでの活動は始まったばかりですが、今では応援してくれる方が日本でもカンボジアでもたくさんいてくれるので、きつい事や辛いことがあっても乗り越えられると思います。

2013年度 カンボジア派遣 井手 司


コンポンルアン水上村の青年達と










コンポンルアン水上村の青年達と

コンポンルアン水上村の夕陽










コンポンルアン水上村の夕陽


JLMMでは派遣候補者を募集しています。
くわしくはこちら

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12