2007年9月アーカイブ

 カンボジアの中央部に位置する巨大な湖トンレサップ。この湖上に散らばる水上集落のひとつコンポンルアンで、水上集落で初めてともいわれる試みが始まりました。生活のための洗濯・食器洗い・トイレなどの排水が垂れ流され汚染された湖の水をろ過して、飲める水にし、老人や乳幼児を抱える家庭を対象に安価で提供するプロジェクトです。

浄水装置のやぐら 浄水装置は、貯水タンクやろ過装置などを船上やぐらに設置しました。全ての工事が7月末に終了。首都プノンペンにおける水質調査、浄水装置の管理と利用について住民のミーティングと管理者の選出などを経て、9月3日に販売を開始しました。噂を聞きつけた住民が自分の小船でやってきて購入し、利用しています。20リットルの安全な水が、水上市場の相場で2000リエル(60円)ですが、このプロジェクトではその4分の1の価格、500リエル(15円)で販売しています。この売り上げは、ろ過装置のフィルターの洗浄などメンテナンスや管理者の手当てに充当し、持続可能な水の供給を行います。

 このプロジェクトは安全な飲料水を住民に提供するだけでなく、2002年から実施している水上教会の水浴びプログラムにも利用され、住民特に子どもの衛生教育にも役立っています。今回の設置は、「公益信託 今井記念海外協力基金」と「日本カトリック海外宣教者を支援する会」の助成と日本の支援者の方々の援助を受け実現しました。

 

 

 

 

浄水装置の管理人さん安全な水へのアクセスが、コンポンルアン水上村の住民の健康・衛生につながり、未来を変えていくための呼び水となることを願っています。

*JLMMから現在水上村に派遣されている高橋真也の活動体験レポート全文掲載のサイト「まさカン!」はこちら

カンボジアの首都プノンペン郊外、ステンミエンチェイ地区ゴミ集積場の一角から、ピカピカの屋台が動き出しました。
 この地区には、プノンペンのゴミが山積みされ、ゴミの山からリサイクル可能なものを拾い出し、現金化して生計をたてている人々が住んでいます。この地区の人々とJLMMが関わり始めたのが1998年。115世帯の子どもたちを対象に衛生教育・識字教育を実施してきました。今後2010年、ゴミ山閉鎖の計画に伴い、唯一の収入源を失う人々が、閉鎖後も生計を立てていけるよう、お菓子生産のトレーニングと屋台の貸し出しをおこなう「屋台プロジェクト」が企画され、住民の女性グループを中心に準備してきました。

屋台スタッフ 9月5日午前9時、「屋台プロジェクト」のオープニング式典がスタート。地域の僧侶とカトリック司祭によって、できたばかりの新品屋台が祝福され、トレーニングを受けた8名の男女が、アジア版クレープ「ロッティ」を焼き始めます。50名近くの招待客と住民が皆屋台を取り囲み、初めてのロッティの焼き上がりを待ちます。日差しと鉄板の熱さに耐えながら、屋台スタッフの焼き上げたできたてのロッティに、「美味しい!」の声が沸き起こりました。

 屋台のブランド名は「プチュアップ・クデイサンクム」。クメール語で「希望がつながる」という意味です。屋台が希望のシンボルとして街に繰り出し、人々の出会いとつながりの中で希望をつなげていく、そんな思いを込めました。

 現在7台の屋台が稼動中。小学校や縫製工場の前で、1日30から40枚のロッティが売れています。近日中にプノンペン市内にも進出予定です。今ゴミを拾って生活している人たちで、屋台の仕事の希望者も増えています。衛生・食品に関する講師も招き、トレーニングに励んでいます。お菓子商品開発には、今年7月に実施された「ニコラバレ・グループ 体験ボランティア」のボランティアさんが2週間滞在し、技術的な指導やアドバイスを受けました。
 目標は屋台100台。最初の20台は「フェリシモ地球村の基金」の助成を受け、徐々にその数を増やしています。
 
 今後も屋台スタッフの皆さんの生活の自立、「屋台プロジェクト」自体の経済的自立のために、当分の間支援が必要です。ゴミ山から始まった新たな道を歩もうとしている人々に、応援をよろしくお願いします。そしてぜひ一度、この美味しいロッティを味わいに、カンボジアを訪れてください!

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12